2009年04月04日

【北ミサイル】社民・福島みずほ氏「間違ってミサイル防衛で迎撃していたら、先制攻撃にもなりかねなかった」 野党、誤発表を一斉批判

1 :出世ウホφ ★:2009/04/04(土) 19:58:43 ID:???0
野党各党は4日、北朝鮮の弾道ミサイル情報に関する政府の誤発表について「いったい(麻生)政権は何をやっているのか」 (鳩山由紀夫民主党幹事長)などとそろって批判した。徹底した原因究明を求めるとともに、 麻生政権の危機管理能力の甘さを追及する方針だ。 鳩山氏は、大阪府東大阪市での集会で「むやみに動揺するより、冷静に対処することの方がはるかに大事だ。いたずらに危機感をあおりすぎることも国際的に問題だ」と指摘。

その上で、「このようないいかげんな政府は 国民のためにならない」と述べ、政権交代の必要性を訴えた。共産党の志位和夫委員長は長野市で記者会見し「国民に緊張、不安、混乱を招く。お粗末ということに加え、 責任は重い」と非難した。
社民党の福島瑞穂党首も取材に対し、「政府の大失態ではないか。 間違ってミサイル防衛で迎撃していたら、先制攻撃にもなりかねなかった」と語り、 原因究明と情報公開を要求した。   国民新党の亀井久興幹事長は「国民がピリピリしている状況だから、きちんと対応してくれないと困る。無用な混乱を招きかねない」と述べた。

ほかのサイトを探す
▼以下、2ちゃんねらの反応


posted by おまいら。。 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

【フィリピン人一家】「娘だけ日本に残すのは子どもの権利条約違反。条約は入管法よりも上位にある法体 系」 専門家が入管の対応に警鐘

1 :出世ウホφ ★:2009/03/13(金) 20:42:16 ID:???0
しかし 、今回の入国管理局の対応は日本も批准している子どもの権利条約に違反する疑いが強いと、
警鐘を 鳴らす専門家もいます。

「親子を分離してのり子さんだけ残すとなった場合に、
子ども の権利条約違反の疑いが非常に強い事例」
(子どもの人権問題に詳しい山梨学院大学 荒牧重人 教授 )

荒牧教授は、子どもの最善の利益を図るという原則は、
入管法の運用においても守ら れなければならないと話します。

「“条約”は憲法よりは下位だけど、入管法よりも上位にあ る法体系ですね。
今回ののり子さんの場合は、日本で生まれ日本語で生活し、日本文化の中で
アイデンティティーをつくっている。そうしたものを保障することが“最善の利益”になる」
(子ど もの人権問題に詳しい山梨学院大学 荒牧重人 教授)

ソース:TBS 記事の一部抜粋
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4082876.html
元スレ
【社会 】フィリピン人カルデロン一家、長女のみ親族のもと在留 入管提案受け入れ 両親は4月13日帰国★4
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1236941458/l50



▼以下、2ちゃんねらの反応
posted by おまいら。。 at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

小沢一郎全面擁護の偏向報道?テレ朝に異論続出

1 : ◆V3/DONjiko @変態仮面V3φφ ★:2009/03/06(金) 05:31:13 0
昨日の記事でも扱ったように、民主党の小沢一郎氏の秘書逮捕をめぐって、様々な議論がネット上で展開されている。

中でも話題になったのが、2009年3月4日に放映されたテレ朝「スーパーモーニング」である。
今回の件に関して、番組出演者らが小沢氏らを全面的に擁護しているかのようであるとの批判がネット上で続出した。
擁護と受け止めるかどうかはともかく、逮捕への違和感を表明する見解ばかりであることは確かだ。(動画)

獨協大学教授の森永卓郎氏は、「麻生さんが指揮権を発動すれば、この逮捕を止めることができたんですよ」と、
麻生首相は警察を野放しにしてきたと述べる。
献金が19人の議員に行っているのに、なぜ小沢氏の秘書だけ逮捕されたのかと、疑問を呈した。
そして、「2000万円で特捜が動いたことがあるか」として、今回の逮捕は怪しいと指摘した。

日体大女子短大准教授の山本博氏も、森永氏に同意した。
国民は新聞やテレビをじっくり見ている時間がない状況で、新聞の「小沢秘書逮捕」という大きな活字の見出しの
影響力を危険視しているという。
自民党関係者にも献金が送られているのだから、その点にも注意して新聞やテレビをより深く見ていく必要があるという。

作家の落合恵子氏、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏らも、逮捕に懐疑的だ。
落合氏は、今回の件で本当に誰が得するのかという点を考える必要があると述べた。
テレ朝では、「ワイドスクランブル」でも同様の論点が取り上げられた。今回の逮捕が異例であること、
政治資金規正法に不明瞭な部分があるという点にこそ原因があること、多額の政治献金を受けている議員は
他にも存在すること等が、繰り返し語られた。(音声ファイル)

今後も、小沢氏の秘書に続く逮捕はあるのだろうか。
この点について、城内実氏のブログの3月3日の更新内容に気になる記述がある。
同氏が以前から得ていた情報では、「小沢一郎代表関係者だけではなく、民主党の小沢グループの某有力国会議員も危ないという。
(ここではあえて名前をあげないが、ヒントは「マルチ商法」である。)」とのこと。

先述のように、森永氏や鳥越氏は、「たった2000万円」と強調していた。
だが、4日の産経新聞によると、「2億円近くにのぼる違法なトンネル献金が、小沢氏側の政治団体の主導で行われてきた」模様。
彼らが今後どのような発言をするのか、注目していきたい。

http://www.tanteifile.com/newswatch/2009/03/05_01/index.html

▼以下、2ちゃんねらの反応
posted by おまいら。。 at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。