2009年05月02日

【著作権】 「車で音楽CD聴きたいなら、家からそのCD持っていくかもう1枚同じCDを買えばいい」…JASRACのいではく氏

1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2009/05/01(金) 08:58:38 ID:???0・著作権制度の根本的なあり方を議論する文化審議会著作権分科会の「基本問題小委員会」第1回会合が20日に開かれた。参加メンバーの半数以上が権利者で占められる同小委員会では、著作権制度の議論では権利者が軽視されているといった意見が多数上がったほか、日本版  フェアユース規定については導入に慎重な議論を求める声も上がった。

 JASRACのいではく氏は、「権利者を尊重すべき」という前提で議論を展開すべきとコメント。 また、補償金制度の結論が出ない理由については、「人のものを黙って取ったり使ってはいけない という、人間の基本的なところが尊重されていない」ためと指摘。「無から有を生み出す労力を  無視して、利便性を求める議論だけをしても結論は100年たっても出ない」として、権利者側が 尊重されていないと批判した。

 さらにいで氏は、過去の著作権分科会で主婦連合会常任委員の河村真紀子氏が、「自家用車で聞くために、消費者はもう1枚同じCDを買うのか」と疑問を投げかけたことを取り上げ、 「当然だと思う」と説明した。

 「家にあるコーヒーを車で飲みたければ、持ち出すか外で買えば良いのと同じ。車で聞きたければCDを持って行くか、それがいやならもう1枚買えば良い。CDの自宅内でのコピーは認められては いるが、コピーを持ち出すのは『基本的に全面OK』ではない。自宅内で使うものは仕方がないから
 認めるという程度。そういうことがきちんと理解されず、既得権のように当たり前になるのは非常に危険だ。」

 http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2009/04/20/23214.html
ほかのサイトを探す
▼以下、2ちゃんねらの反応


posted by おまいら。。 at 22:55| Comment(1) | TrackBack(2) | 痛い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

【コラム】できる男は、機内で毎日新聞を読む-中村修治

1 :らいち ◆/INTEL.Aso @らいちφ ★:2009/04/19(日) 04:24:58 ID:???0
飛行機に乗ったとき、キャビンアテンダントに新聞を勧められたらスポーツ新聞が読みたいところだが、「できる ビジネスパーソン」のフリをして『日本経済新聞』を選んだりすることはないだろうか。男なら、あると思う。しかし ながら、キャビンアテンダントへの私的な取材結果によると、機内で日経新聞を読むということは、そのヒトは、 その時間まで日経をチェックしていなかったと判断される。「できるビジネスパーソンには、ありえない!」て、 ことになるらしい。

なので機内で新聞を読むのなら『毎日新聞』はどうだろうか? 一番後回しに読まれるであろう(私的推測)、 毎日新聞をオーダーすると「さすが! このヒトは、もうほとんどの新聞には目を通したのね!」となる。できる 男の飛行機に乗ってる時間の実用的な使い方=いろんな情報に目を通すというこなのだ。 「飛行機で日本経済新聞」=できるビジネスパーソン像の常識は、実際には使えない。我々が描く典型的な イメージには、必ず「実用の穴」があるものだ。 デコラティブなイメージやパフォーマンスではなく、必要なモノだけを切り出したときに生まれてくる「引き算サービス」 が、本質的に「使える付加価値」になる。キャビンアテンダントに、いいところを見せたいという余計な思惑が、実に 間抜けな結果を招く。

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0904/17/news007.html
ほかのサイトを探す
▼以下、2ちゃんねらの反応
posted by おまいら。。 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 痛い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

【話題】女性のそばに立たない、両手でつり革をつかむetc…「痴漢えん罪を回避する5つの極意」

1 : ◆SCHearTCPU @胸のときめきφ ★:2009/04/15(水) 18:07:21 ID:???0 ?2BP(111)
(前略) 首都圏の警察で痴漢など迷惑行為の相談にあたるプロの担当者は、「まず誤解されないようにすることが重要。 カバンは荷棚に上げ、つり革や手すりをつかんで両手を挙げること」とアドバイスする。車内のポジションも 重要で、乗車ドアの両サイドや、車両の隅に設けられた車いす用のスペースは“痴漢最多発地帯”。 乗車口から少し離れてドアとドアの間に立ち、女性の隣や後ろは極力避けるべきという。

痴漢犯罪の7割は午前7−9時に集中しているが、「夜も注意が必要。朝のような緊張感がなく、 お酒を飲んでいる人も多いだけに周囲から疑われるような態度は慎むべき」(同)という。 (中略) 一方、JRや私鉄各社には、冤罪トラブルを防ぐ対策はないに等しく、夕刊フジの問い合わせにも 「当事者の問題」「ノーコメント」とあくまで第三者の立場。修羅場に遭遇した際、真っ先に 対応するのは駅員だが、実はまったく頼りにならないのだ。 「万一、冤罪被害に遭遇したら、まず冷静に相手と話すこと。怒鳴って女性を逆上させるのは最悪です」 と語るのは、痴漢冤罪被害者の救済に努めている関係者。「そのまま駅の事務所に行くのはNG。

電車から降りたら、その場で弁護士を呼び、仲裁をしてもらうのがベストです」という。 最後に、冤罪被害を回避する極意5カ条を挙げておこう。

(1)ドア付近や車両の隅に立たない
(2)つり革・手すりを両手でつかむ
(3)女性の側に立たない
(4)荷物は棚に上げる
(5)誤解されるような態度を取らない

*+*+ ZAKZAK 2009/04/15[18:04] +*+*
http://www.zakzak.co.jp/top/200904/t2009041537_all.html
ほかのサイトを探す
▼以下、2ちゃんねらの反応
posted by おまいら。。 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 痛い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。